ブラックニスト!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の電話
今度の日曜日に中学時代の

友人と久しぶりに会う約束をしている。

私はその為に色々と準備を

していた。

すると電話が鳴り出した。

私「ハイ、◯◯です」
相手「もしもし?◯◯?」
相手「俺だよ◯◯」
私「おぉ、どーしたんだ?」
私「日曜日に都合つかなくなったのか?」

相手「あ、いや、ちょっと会う前に話しがしたかったからさ…」

私「なんだよー。」
私「日曜に会うんだからその時話したらいいだろw」

相手「まーいいじゃないかw」

と言う事で話しをしていた。

中学時代にあった色々な話しで盛り上がってた…

ふと時計を見ると1時間以上話しをしていた。

私「なー。もう1時間以上話ししてるぞw」
私「日曜日にも会う事だしそろそろ切るぞ」

と言った瞬間!

相手の電話の向こうからお経が聞こえて来た。

私「おい、お前の家の近くでお通夜でもやってんのか?」
私「お経を読む声がしてるぞ」

と言ったら

相手「あぁ。」

と、暗い声で答えた。

私「誰か亡くなったの?」

と聞くと

相手「そう、亡くなったんだよ」

とまた暗い声で答えた。

私「近所なら付き合いあるんだろ?」
私「お前は行かなくていいのか?」

相手「大丈夫…」
相手「俺のだから…」

と言って電話が切れた。

私は何を言ってるのか理解出来なかったので◯◯の家に直ぐ電話をした。

しかし、誰も出ない。

出るはず無かった。

そう、その時は丁度◯◯のお通夜をしていたからだ。

家族の人と連絡が取れたのは翌日。

話しを聞くと、通勤途中で事故に合い

即死状態だったらしい。

◯◯は私と会うのを凄く楽しみにしていたらしく

中学時代のアルバムを何度も家族に見せてたと言う…

そうか、日曜日にも会えずもう話す事が出来ないから最後に電話を掛けて来たのか…

もう少し、話しをしてあげれば良かったと私は後悔をした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。