ブラックニスト!!
後悔して生きていけばいい
最近のちっこい子供を持つ保護者共は

バカばっかで困る。

自転車が来てるのに、ちっこい子供

の手を取って安全に誘導するワケでもなく

声を掛けるでもなく

普通にすれ違おうとする。

広い道なら兎も角、狭い歩道で。

確かに歩道は歩行者のもの。

しかし、歩道でも自転車は通れる歩道もある。

もちろん、自転車は通れる歩道であるから

通っている。

歩道は歩行者優先と言うのもわかっている。

が…

ちっこい子供なんてものは予想不可能な行動をとるもの。

保護者はそれをわかっているのかいないのか知らないけど、

自転車が注意していても

突然ぶつかってくる事だってあるワケだ。

わかっている人であるなら

ぶつかってきたとしても大怪我には

ならないと思うけど、

中にはなんの気もなくそのまま突っ込んで来る人も居る。

そんな人だった場合、子供は大怪我どころか、命に関わる危険性だってある。

なのに、子供を誘導しないとか有り得ない。

やっぱりバカと言うしかない。

あほうだ。

子供には可哀想だけど、子供の大怪我や死をもって

その保護者は一生悔むがいい。

といつも思う彩乃さんでした。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック